ドクターの思い

ガーデンクリニックでは、患者様に安心して施術を受けていただけるよう、プロフェッショナルなチームとして常に技術の向上を心がけております。あなたの能力を発掘、発揮できる場を提供できるよう努めてまいります。
明るく綺麗なクリニックで、私たちと一緒に患者様に喜ばれる美容外科を作っていきませんか?

「チームとして成り立つ関係」
加藤 雄大先生

−なぜ、ガーデンクリニックを選んだのですか?

外科医として病院に勤務していた時、術後の傷跡を気にする患者様の声を耳にすることも多く、また、乳がん患者の乳房切除手術を行うこともあり、次第に乳房再建についても関心を持つようになっていました。
そんな時、知人からガーデンクリニックを紹介され、面接や見学などを通して、丁寧に技術指導してくれる点や、美容医療に対する熱い情熱を感じることができ、ここで美容外科医として患者様に喜んでもらえる医療を目指したいと思いました。


−美容外科医としてやりがいを感じる瞬間はいつですか?

手術が上手くいった時はもちろん嬉しいのですが、美容外科医として一番やりがいを感じるのは、術後の検診で患者様の笑顔が見られることです。
先日も、目元のたるみとりの手術を行った患者様が検診に来た際、「嬉しくて、毎日鏡を見てしまいます」と言っていただけて本当に嬉しかった。見た目だけでなく、自分への自信や前向きな気持ちといった、心の変化ももたらすことできる仕事であり、今では、各地からご指名をいただけるようになりました。美容外科医として多くの患者様から求められ、心底やりがいを感じています。

−ガーデンクリニックで働いてよかったことは?

ガーデンクリニックは数ある美容外科のなかでも、トップクラスの技術力を誇るクリニックだと思います。技術力の向上はもちろん、手術内容も幅広いので、偏ることなく美容外科医として成長できるのが良いところです。自分の時間も十分に作れるので、休日は趣味のドライブやゴルフも満喫しています。他に良いところと言えば、医者同士や看護師、カウンセラーたちとの距離が近いこと。働くうえで、コミュニケーションをとることは意外と難しかったりすると思うのですが、ガーデンクリニックではそういった垣根がなく、皆が同じ方向を向いて仕事ができ、とても働きやすい環境ですね。

−どのような職場を作っていきたいですか?

私たちは患者様に信頼してもらい、手術をさせてもらっているので、その責任を裏切らないよう常に100%の力を出すことが重要です。最高の施術を患者様に提供するためにも、チームワークはとても大切になってくるので、お互いの信頼関係や、親睦を深めるためにもスタッフたちとは定期的に食事会を開催して、よりよいコミュニケーションがとれるように心がけています。
また今後は、自分が伝授していただいた技術を少しでも多く、若手の先生たちに教えて行けたらと考えています。

ドクターインタビュー